So-net無料ブログ作成
検索選択

たつかま 白子の蒲鉾 地元隠れグルメ 3ヶ月限定販売 バター焼絶品 北海道・岩内  [旬な話題]

北海道は昨年から今年にかけての漁獲高の減少が大きな社会問題となっている。

鮭やサンマ、マイワシなど以前に比べ大幅な減少傾向とのこと。

そんな北海道・岩内町に隠れた地元グルメがあると、テレビ東京の番組「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」で紹介されました。

その名もたつかま

スケトウダラの白子をほぼ100%使用した蒲鉾のこと。

私事ながら、私は白子と名の付くものは全てについて大好物なのです。

その白子を使用した蒲鉾、しかもほぼ100%白子と聞けばテレビ画面に観い入ってしまうのも仕方のないこと。

白子は足が速い(鮮度が早く落ちる)ため、消費は地元周辺地域に限られ全国的に流通していないそうです(但し、直接、製造所に注文すれば可能な場合あり)。

しかも、12月~翌年2月の3ヶ月限定販売だから本当に貴重な一品なので地元隠れグルメといえます。

値段は3個入れで1000円以上するそうですが是非とも手に入れ食したい逸品だと思います。

さて、たつかまなのですが、丸く団子状の形で、食べ方としては味噌汁や天ぷらが美味しいといわれていますが、何といっても一番の食べ方はバター焼きが絶品とのことでした。

因みに、番組で紹介されたお店は北海道・岩内町にあるたつかまについてはとても有名な「尾崎商店」さんでした。

尾崎商店

住所 北海道岩内町字宮園251

電話番号 0135-62-0596

「たつかま」(尾崎商店)食べログのサイトはこちらです。
nice!(0) 

ワニ料理 マチカネミート 45万年前の大型ワニ化石発見 コッコドリッロ 大阪・豊中市 [旬な話題]

今、ワニ料理で町おこしをしている大阪・豊中市。

45万年前のワニの化石が昭和39年に同市待兼山町で発見されたことからマチカネワニと言われています。

もちろん、驚くべきは日本にワニがいたということなのですが、それ以上に、現在生息するワニに比べこのマチカネワニは何と推定ながら全長7m前後もある大型ワニであったとされていることです。

しかも、この化石、ほぼ完全な形で見つかったそうですから大発見といえるでしょう。

さて、この大発見をきっかけに、豊中市は「町おこし」としてマチカネワニの肉マチカネミートを使った料理を現在市内8店舗で提供しています。

鍋料理あり創作料理ありで楽しめそうです。

先日、テレビの情報番組のグルメコーナーで紹介されたなかで登場した鍋料理では、ワニの手そのまま唐揚げにした料理や12時間ほどじっくりと煮込んだワニの尻尾などがありました。

食レポでは、唐揚げは鶏肉のような食感、ワニの尻尾は全部がコラーゲンといったものでした。

又、8軒のうちの一軒は文字通りワニ料理専門店でした。

「コッコドリッロ」というお店で昨年12月にオープンしたばかり。

以前は別の飲食店であったのですが、周りの反対を押しのけワニ料理の専門店を開店したそうです。

ここでは、

ワニのタンにウニなどを乗せた「ウワニ」

ワニのレバーの赤ワイン煮(要予約)

ワニの気持ち(ワニの心臓のトマト煮)

などの料理が番組で紹介されていました。

いずれも美味しそうで、とてもワニ料理とは思われませんでした。

豊中市に行く機会があれば是非行って食したいと思いました。
nice!(0) 

コープこうべ 1ロール225mのトイレットペーパー 一般ホルダーに装着可能 発売開始  [旬な話題]

コープこうべが昨日の13日に1ロール225mのトイレットペーパーを発売したことをニュースで知りました。

一般的な1ロールの長さは約55m(シングルタイプ)といわれていますので、何と4倍の長さなのです。

その名も「めっちゃ長いトイレットペーパー」。

これほどの長尺であれば、さも分厚いかと思いきや、今、家庭で使用しているペーパーフルダーにぴったり装着できるというのですからビックリ。

その秘密は紙と紙の間がギュッと詰まっているからで、高密度で巻かれたトイレットペーパーが実現したのです。

コープこうべが日本生協連と共同開発し、静岡にあるメーカー丸富製紙と商品化したものであるが、そのきっかけとなったのは阪神淡路大震災のとき多くの組合員からトイレットペーパーの重要性を得たことからだそうです。

防災用品としてトイレットペーパーは不可欠なものでありますが、収容場所のうち、かなりの面積を占めてしまう欠点がありました。

ところが、このトイレットペーパーの開発により収容面積が4分の1にまでになったのです。

しかも、もう一つの利点として取替えの手間が省かれること。

一般家庭(夫婦・子供2人の4人家族)での1ヶ月のトイレットペーパーの使用量は平均16ロール。

でも、「めっちゃ長いトイレットペーパー」を使用すれば1ヶ月4ロールでOK。

値段は4ロール入りで462円(税込み)と一般のものに比べれば若干高めかと思いますが、薄くて強く上質な柔らかさのあるこのトイレットペーパーは注目される一品かと思います。

今年は161店舗で販売し、来年以降は全国の生協でも購入できるようになるとのこと。

家庭はもちろん、公共施設などでのトイレにも需要されるのではないでしょうか。

「めっちゃ長いトイレットペーパー」(コープこうべ)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

ユニバーサルデザインフード(UDF商品) 舌や歯茎でも食べられる おせち料理も登場 [旬な話題]

私も高齢者の一人ですが食事は何の問題もなく摂ることができます。

でも、数年前に僅かでありましたが入院した際、病院の普通食を噛むことができず苦労されている人を見たことがありました。

ところが、先日、テレビの放送でこのような人にとって朗報といえる商品が紹介されました。

それが、ユニバーサルデザインフード(UDF商品)というもので、高齢者や病気の人で噛む力や飲み込む力が弱くなった人のために食べやすく配慮した食品なのです。

現在、2003年に制定した日本介護食品協議会にはハウス食品や味の素、カゴメ、キッコーマン、キューピーなど30社近くの大手食料品メーカーが加盟し、およそ1800品目が採用され販売されています。

商品にはやわらか具合に応じ4段階の表示が。

区分1 容易にかめる

区分2 歯茎でつぶせる

区分3 舌でつぶせる

区分4 噛まなくてもよい

色々なメーカーから販売されていますが、テレビ番組で登場したのは、

筑前煮や豚のしょうが焼、お餅でした。

特に驚いたのは、「ふくなお社」が販売しているお餅でした。

最近、年末年始ともなりますとお餅を食べる機会が多くなり、それに伴い高齢者や乳幼児のお餅による事故が顕著に多く発生します。

最悪の場合、死に至る場合も。

でも、「ふくなお社」のお餅は食べても大丈夫なのです。

なぜか、

実は、もち米で作られているのではなく魚のすり身を使っているからです。

商品名はさっくりお餅

さらに、驚くべきは、同社が製造・販売しているおせち料理なのです。

まもなく年が明け新年を迎えます。

お正月といえばおせち料理は欠かせません。

これが全てユニバーサルデザインフード(UDF商品)だというのです。

商品名はやわらかおせち重セット(8964円税・送料込み)

おせち以外にはさっくりお餅が入った雑煮、さらには、おめでたい尾頭付きの鯛一匹も付いています。

しかも、何と、尾頭付きの鯛も圧力調理されているため頭から尻尾までまるまる食することが出来るとのこと。

意外にも、余り知られていなかったユニバーサルデザインフード(UDF商品)の価値は、今後、ますます需要が増すものと思います。

と言う私も、今、非常に関心を持っています。

日本介護食品協議会の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

ミニマル 嵐CM 日立 小型自動掃除機 家具の間・狭い所もスイスイ 直径25cm    [旬な話題]

今や、家電の進歩はめまぐるしく、ますます家事などで楽に生活できる時代となりました。

家電のうち、生活の中の家事で、かなり比重が高い掃除機でこれは便利だと思うものが、先日、テレビのCMで発見しました。

それが、人気アイドルグループの嵐が演じているCMで、僅か直径25cmという小型自動掃除機だったのです。

今では、自動掃除機は特に珍しいものではなく、すでに一般家庭に多く普及しています。

しかし、日本の建築(居宅)の現状を考えますと、今まで発売していた自動掃除機(ロボットクリーナー)は直径35cm以上あり、椅子の間や家具の間など狭い所をすり抜け掃除することは困難でした。

でも、今回、日立から発売された「ミニマル」は、直径25cmと極小で、ほとんどの場所にもスイスイ入っていける優れものなのです。

実は、このような自動掃除機を待っていたのです。

又、高さも9.2cmと低く、ソファなどの下などもOK。

リモコン操作で、スタート・ストップ・掃除モードなどの変更も可能で、従前の自動掃除機のように掃除が終わったり電池残量が少なくなったときは自動で充電台に戻ります。

我が家の家具配置状況にも対応してくれるであろう「ミニマル」に大いに関心を持っています。

「ミニマル」(日立社)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

ブラウン管風の20型液晶テレビ ドウシシャ社 ダイヤル式のチャンネル 11月中旬発売  [旬な話題]

テレビの完全地デジ移行から既に5年以上経過しました。

当時、液晶テレビの画面の美しさや鮮明さに驚いたものです。

ところが人間、特に私などは今や液晶テレビの画面に慣れてしまって感動すら覚えません。

しかも、テレビのアニメ番組「サザエさん」の放送では今でも居間のシーンになりますと昭和を感じさせるダイヤル式チャンネンのテレビが置かれていて懐かしさを感じてしまいます。

そんな中、昨日、テレビのニュース番組で、ドウシシャ社がブラウン管風の液晶テレビの発売を開始するとの放送がありました。

20型液晶テレビで11月中旬頃に発売予定とか。

デザインは1970年代のブラウン管テレビを再現したデザインで、本体は木製、チャンネル切換えは昔懐かしいガチヤガチャと回すダイヤル方式、又、音量調整もダイヤルになっています。

サイズは幅520mm、高さ789mm、奥行350mmのボックス型ですが、液晶テレビの奥行を差し引いた部分は収納ボックスになっていますのでDVDやチャンネルなどを入れて置くのに便利です。

価格は未定になっていますが、予想の小売希望価格は79,800円だとか。

詳しいことは株式会社ドウシシャに。

お客様相談室 0120-104-481

関連サイトは次のところで、

ブラウン管風の20型液晶テレビ
nice!(0) 

将棋棋士村山聖 松山ケンイチ 聖の青春 お好み焼「みっちゃん総本店」 広島市  [旬な話題]

将棋棋士で一時は名人・王将などタイトル七冠全てを取り、現在、六つの永世称号の資格を持つ天才棋士と言われている羽生善治と互角に戦った将棋棋士村山聖をモデルとした映画「聖の青春」が11月19日から公開されています。

この映画の主演で村山聖役を演じている松山ケンイチが、昨日、日本テレビのバラエティー番組「火曜サプライズ」に出ていました。

もちろん、「聖の青春」の番組宣伝のためだったのですが。

元々、将棋にはあまり興味のない私が、チャンネルを何気なく切り替えていたところ、NHK杯の将棋番組の画面となり、それとなく観ていたところ、異色と思える棋士に釘付けとなりました。

その時は何歳であったかは知りませんでしたが童顔で、背は高くはないのにぷっくりとした体格に何か親近感を持ったことを覚えています。

その後、29歳の若さで癌で亡くなったこと、さらに1~2年前には村山聖の生涯についてテレビ番組で特集していたのを観てますます関心を持つようになりました。

「火曜サプライズ」では、そんな村山聖がこよなく愛したお店を松山ケンイチが訪れていました。

村山聖は広島県出身で、広島市にある

お好み焼「みっちゃん総本店」などが紹介されました。

お好み焼「みっちゃん」は昭和25年創業で広島を代表する老舗店で、今では広島焼きとして定番となっているそばを入れたお好み焼の発祥の店としても有名です(これには諸説あるそうですが)。

番組では焼きそばとスペッシャルそば肉玉子(お好み焼)を注文。

スペッシャルそば肉玉子(1100円税込み)は、海老やいかなど海鮮が入ったお好み焼を大量のキャベツで蒸し焼きにすることで素材の旨みを引き出し、そこに、半世紀かけて生み出したオリジナルソースをかけた絶品のお好み焼なのです。

村山聖が来店していたお好み焼店なので近ければ是非行ってみたいところですが、遠方のため機会があればと思っています。

因みに、番組では、ミニヨンのシュークリームやハッサクと白あんを包んだ広島の銘菓「ハッサク大福」などが紹介されました。

お好み焼「みっちゃん総本店」の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

本願寺おてらかふぇ&まるしえAKARI ワンプレートランチ 西本願寺 伝灯奉告法要  [旬な話題]

世界遺産の京都・西本願寺で来年5月末日まで第25代専如門主の代替わりを全国に披露するための法要である伝灯奉告法要が行われています。

西本願寺といえば浄土真宗本願寺派の総本山で、国宝を始め重要文化財など多く保存されていますが、今の季節は樹齢約400年と言われる大銀杏(おおいちょう)が見ごろだそうです。

又、伝灯奉告法要の期間中には国宝や重要文化財の特別公開が開催されています。

ところで、そんな西本願寺境内の国宝御影堂の隣に、法要期間中ながら、期間限定として、何と、カフェが開設されているのです。

しかも、このカフェ、「本願寺おてらかふぇ&まるしえAKARI」といい、ミシュランで8年連続で星を獲得しているという大阪・心斎橋のフランス料理店リュミエールの一流シェフが腕をふるって提供しているのです。

そんなお店の一番人気メニューといえば週替りのワンプレートランチ(1620円税込み)です(11月22日までのメニュー)。

20種類の京都の農園野菜をたっぷり添えた牛サーロインステーキなのです。

このランチ、ソースにもこだわりがあり、

京都の京野菜の代表格といえる九条ネギを使用。

ネギを柔らかくなるまでゆっくりと茹でミキサーでピューレ状に、そこに牛肉の出汁と塩で味付けしたソースで牛肉との相性が抜群の特製ソースとなっています。

秋本番の紅葉を見ながらのランチに是非お勧めします。

住   所 京都市下京区堀川通花屋町下ル

電話番号(まるしえAKARI) 075-278-0164

本願寺おてらかふぇ&まるしえAKARIの公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

浮かぶスピーカー レビ サウンド(LEVI SOUND) 7色に光る球体 販売は来年以降  [旬な話題]

昨今は、面白くて珍しい家電製品が次々と販売されていますが、今日の新聞の地方版にこれぞ珍品と思われる家電が現在試作開発中だとの記事がありました。

その家電とは、和歌山市にある「KEN有限責任事業組合」が開発中のレビ サウンド(LEVI SOUND)という宙に浮かぶスピーカーなのです。

開発の代表者は元々シャープの子会社で営業していたこと、又、自他とも認める音楽好きであるなどから遊び心のある家電を作りたいと意気込んでいるとか。

スピーカーは直径7.8センチの球体で、底に仕込んだ磁力の強いネオジム磁石と電磁石を内臓した土台が反発して約2センチ回りながら浮かぶ。

しかも、LEDが7色に光りながら音楽を再生するとのこと。

白、黒の2色があり、予定価格は税抜き14800円。

12月から1000台をめどに量産し、来年以降、家電量販店に売り込み販売予定とか。

興味のある人は今後の情報をお見逃しのないように。

レビ サウンド(LEVI SOUND)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

とびばこパン パンドサンジュ とびばこ形の菓子パン 多い日は1000個売上げ 大阪・堺 [旬な話題]

最近、昼食に菓子パンを食す機会が多く、好きなパンに対するこだわりも出てきました。

そんなパンの話題を一つ。

昨日、テレビ番組のグルメコーナーで面白くて興味津々のパンが紹介されました。

それは、大阪・堺にある「パンドサンジュ(paindesinge)」というパン屋さんが作るとびばこバンという菓子パンした。

見た目はまさしくとび箱の形をしていて上から1~5の番号の焼印が押されています。

店主は息子さんが遊んでいたとび箱を見て、小さなお子さんから高齢者まで多くの人に愛されるパンを作りたいと思い、永年デザインの仕事をしていたスキルを活かし考案したとか。

多い日には1000個の売上げがあるというから驚きです。

このパン、1~5の焼印の段の部分によって食感が違うそうで、下の方(5段目)はつまっていて大人向け、上の方(1段目)はふっくらとして子供向けだそうです(色々、人それぞれ好みがありますが)。

しっとり甘いとびばこパンは、砂糖・卵・米こうじの酵母を使用し、上下に開く特注の金型で焼き上げます。

そして、1~5の番号の焼印を押して完成します。

さらに、このとびばこパン、小さいサイズもありミニとびばこパンと呼ばれています。

このミニとびばこパンには、栗あん、こしあん、カスタード、チョコの4種類があり、それぞれの味が楽しめます。

因みに、とびばこパンは334円(税込み)、ミニとびばこパンは各216円(税込み)となっています。

他にも、美味しいパンが色々とあるそうですから、是非、一度、行ってみたいと思っています。

住   所 大阪府堺市西区津久野1

電話番号 072-320-7257

パンドサンジュの公式サイトはこちらです。

パンドサンジュ(食べログ)のサイトはこちらです。
nice!(0) 
name=nice! を外すscript type=