So-net無料ブログ作成
検索選択

浅田真央のリカちゃん人形 郵便局にて予約受付中 5月26日まで 浅田真央引退発表 [旬な話題]

女子フィギュアスケートの浅田真央選手が2日前自身のブログで引退することを発表し、今日、正式に記者会見を行いました。

5歳からスケートを始めたそうですが、数々の試合で私達に感動を与えてくれました。

そんな浅田真央選手は、タカラトミーが販売し女の子たちに大人気であるリカちゃん人形とコラボ、浅田真央選手が実際に試合で着用したコスチュームをリカちゃんの着せ替え衣装として監修。

浅田真央・リカちゃん人形セット(記念フレーム切手セット付き)として3月22日から全国の郵便局で予約販売を開始した(5月26日まで・・・但し、店頭予約は5月23日まで)。

このタカラトミーと郵便局のコラボは、リカちゃん誕生50周年記念の一つだそうですが、浅田真央選手のファンにとっては引退というショッキングな時期であり、このリカちゃん企画は大きな心の救いとなり関心は大きくなるのではないでしょうか。

興味のある方で詳しいことを知りたい方はタカラトミーや郵便局のサイトで是非確認をして下さい。

浅田真央のリカちゃん人形(タカラトミー)の公式サイトはこちらです。

浅田真央のリカちゃん人形(郵便局)の公式サイトはこちらです。
nice!(1) 

うどん鹸 ゆで汁から洗濯石鹸 換気扇などの油汚れや泥汚れに タナカ印刷 香川県   [旬な話題]

香川県といえばうどん県と呼ばれるほどうどんは有名となり讃岐うどんは全国区となりました。

観光客はもちろんですが、地元の方のうどん消費量はすごく、1世帯当たり年間約230玉というまさにうどん大国になっています。

そのため、香川県内には讃岐うどん屋さんが多く営業されていますが、そんなうどん屋さんが日々捨てているうどんのゆで汁であっと驚く物に変身させ環境に一役買っているというのです。

その名もうどん鹸という洗濯石鹸。

香川・東かがわ市にあるタナカ印刷さんが考案し、製造・販売しています。

元々、うどんのゆで汁にはでんぷん粒子が多く含まれています。

そのでんぷん粒子は油脂と結合する性質を持っていて油汚れに強いということで石鹸を作ったとのこと。

うどんのゆで汁はうどん屋さんからいただいてきますと、ポリタンク2個で石鹸が約500個ほど出来るとか。

今では、売り切れ続出の人気商品になっているそうです。

このうどん鹸を紹介したテレビ番組で、どれくらい汚れが落ちるのか実験していました。

汗や泥、皮脂でひどく汚した白い靴下を使用。

まず、この石鹸を泡立て靴下をよくもみ洗いすること30秒。

何と、ひどい汚れがすっかり落ち真っ白に。

さらに、ひどい油汚れの換気扇をこの石鹸でつけ洗いしたところ見事にすっきりと新品のように。

油汚れに抜群の効果、お見事でした。

ただ、この石鹸、人体には使用できませんのでご留意を。

捨てられる運命であったうどんのゆで汁から画期的な洗濯石鹸が生まれたことに驚きました。

うどん鹸(タナカ印刷)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

プラズマクラスター ニオワンLEDプラス 24時間除菌・消臭 玄関やトイレ用LED電球  [旬な話題]

シャープのプラズマクラスターには空気清浄機を始め数々の家電があります。

そんな中、今日、日本テレビのバラエティー番組「ヒルナンデス」で興味沸くプラズマクラスターが紹介されました。

その製品は、除菌と消臭ができるニオワンLEDプラスというライト(電球)のイオン発生機でした。

では、なぜ、興味が沸いたのか。

それは、

トイレ・玄関専用のLED電球型のイオン発生機であること。

LED電球は人感センサー搭載なので、人を感知すると明かりがつき、人の気配を察知しなくなると明かりが消えること。

除菌・消臭はLED電球に関係なく24時間作動していること。

工事不要で従来のソケットにすぐに設置できること。

など、製品の素晴らしさを感じたからです。

トイレ用ではニオイ原因菌を除菌し付着カビ臭を消臭。

40W相当の白熱電球で明るさも申し分ありません。

又、玄関用は除菌・消臭はもちろんですが、LED電球の明るさは3段階(60・40・30W相当)に切り替え可能とのことでした。

簡単に取り付けられ、除菌や消臭ができるLED電球があると知り設置を検討してみたいと思いました。

プラズマクラスター(ニオワンLEDプラス)の公式サイトはこちらです。

プラズマクラスター(楽天市場)のサイトはこちらです。

nice!(0) 

一人旅 気ままな旅 歓迎の旅館「宝巌堂」なども 一人参加パックツアーが人気に   [旬な話題]

今、急激に注目され始めたのが一人旅です。

今でこそ、ビジネスホテルなどが出来て一人旅に何ら支障はありませんが、

私事ながら、50年ほど前の遠い昔には一人旅を計画し実行しても一番困ったのが旅館の確保でした。

とある日に、何気なく石川県の能登半島に行きたくなり午前の就業終わりに車で出発。

日が暮れそうになった彦根付近で宿を探そうと彦根市内の旅館で宿泊を願ったところ返ってきた答えは、「お一人様の宿泊はお断りしています」というものでした。

私は、この旅館の決まり事なんだと思い、他の旅館をさらに数軒訪ねましたがいずれも同様の返答で断られました。

そのときのショックたりや今でも忘れられない苦い想い出になっています。

結局、私はさらに車を走らせ能登半島の七尾市まで。

そこで、モーテルで一泊する羽目に。

そんな一人旅が最近人気沸騰中と聞き、懐かしくも嬉しくなりました。

気ままな旅が。

しかも、お一人様歓迎の旅館が多くあるというから驚きです。

そして、その内の一軒の旅館が、先日、テレビの情報番組で紹介されました。

新潟県・栃尾又温泉の宝巌堂という旅館など3~4軒登場したのですが、私はこの宝巌堂という旅館に興味を持ちました。

なぜならば、この旅館、私が好きな温泉があるからです。

私が好きな温泉の条件は、常温(40度前後)でゆったりと長湯をしていてものぼせたり湯あたりしないことなのです。

この旅館はラジウム温泉でお湯の温度は39度、一時間入っていても大丈夫だそうです。

誰に気兼ねすることなくゆったりできるのは一人旅の醍醐味かと思います。

さらには、一人旅について変則ながら一人参加パックツアーなるものが人気を博しているとか。

移動や観光は団体行動ですが、全員が一人参加なので楽しめるようです。

機会があれば行ってみたいものです。

宝巌堂(栃尾又温泉)の公式サイトはこちらです。

新潟・栃尾又温泉周辺のホテル・旅館の予約(楽天トラベル)のサイトはこちらです。

nice!(0) 

名刀ペーパーナイフ さや・刃紋など忠実に 日本刀はさみも ニッケン刃物 5月発売予定 [旬な話題]

日頃、テレビの情報番組やニュースなどを観ていると珍しい物などが紹介され驚かされます。

そんな一つが、今朝、日本テレビのZIPという番組で紹介された「名刀ペーパーナイフ」でした。

放送された時間は僅かでしたが、私にとって非常にインパクトがあり思わず調べてみたいと思いました。

すると、

刃物の町として有名な岐阜県の関市にあり創業1946年のはさみなどの老舗ニッケン刃物株式会社が今年5月に発売予定だそうで、熟練の職人が一本一本丁寧に、しかも忠実に再現した刀で、

モデルは3種類、

坂本龍馬、織田信長、土方歳三の名刀を再現しています。

僅か全長210mm(刃渡り125mm)にさやや刃紋などが忠実に。

実用性がありインテリアにも最適な逸品です。

又、すでに発売している日本刀はさみも人気で、ペーパーナイフでは十文字槍ペーパーナイフも販売中とのこと。

さて、名刀ペーパーナイフの気になる販売予定価格ですが3000円(税込み)~と言われています。

よって、私も購入してみたいと思っている一人です。

電話番号 0575-24-0161

ニッケン刃物株式会社の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

闇(やみ)鍋 和魂ほむら ペペ飯有名店 カレースパイスや黒ごま、生姜など 体に優しい  [旬な話題]

貴方は闇(やみ)鍋という鍋料理をご存知でしょうか。

ある意味、イベント的要素が強いものですが、

複数の参加者が、それぞれ他の参加者に分からないように食材を持ち寄り、暗闇の中、順番に食材を鍋に入れ調理する鍋料理のことです。

つまり、自分自身が持ち込んだ食材以外は何が入っているのか分からないミステリーな鍋料理なのです。

しかも、この鍋の中の具材をを真っ暗な中で食するのですからドキドキものです。

さらに、一昔には、面白半分にわら草履などそれほど食べても害は少ないシャレっけな物を入れる者もあったそうですから結構無茶苦茶な鍋だったそうです。

でも、今は暗黙的に生で食べても健康に害のないものを持参することになっているとのこと。

そんな闇(やみ)鍋がお店で食べられると、先日、グルメ番組で紹介されました。

以前、私がブログで、ご飯の上にペペロンチーノと梅干をのせタップリのスープをかけたB級グルメ「ペペ飯」について書き込んだときの有名店、大阪・谷町にある和魂ほむらがその店でした。

谷町ご当地グルメとして定着しつつある「ペペ飯」ですが、闇(やみ)鍋も考案し提供している。

スープは薬膳カレースープで、さまざまなスパイスや黒ごまペーストが入っているため真っ黒のスープになっていて中に入っている具材が見えないことから闇(やみ)鍋と名付けたそうです。

そして、具材はたっぷりの生姜と5種類の野菜。

番組の画面で写ったときの具材は、山芋や人参、ピーマン、プチトマトなどと思われました。

ただ、いかにも体に優しいメニューなのですが、店主いわく、見た目にも驚きなので注文は一日に多くて1~2個だそうです。

テレビ番組で紹介されたので、今後、注目されるのではと思っています。

闇(やみ)鍋(和魂ほむら)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

「Q(キュー)F-BP25T パナソニック 球体の創風機 新たにLED装備 間接照明として [旬な話題]

パナソニックが平成25年5月に発売した製品で、当時、余りにも斬新なデザインであったことで周囲を驚かせた球体の創風機「Q(キュー)が装いも新たに今年の4月20日に発売するという新聞記事が先日掲載されていました。

この創風機、特徴といえば360度送風可能だということなのです。

製品を見れば、まるでボーリング競技のボールのよう。

不規則に開いた吹き出し口から送風されるのですが、今回、その部分に発光ダイオード(LED)照明が装備されるとのこと。

これにより、新モデルは空間を演出する間接照明を備え、室内のインテリアとしても最適です。

LEDは青色とオレンジ色の2色を点灯させることができるそうで、本体の色はクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色。

夏の暑さを涼風で和らぎつつ、間接照明で空間の雰囲気作りに最適な創風機、買ってみたいと思う製品となりました。

「Q(キュー)F-BP25T」(パナソニック社)の公式サイトはこちらです。

Q(キュー)F-BP25Tの楽天市場の通販情報はこちらから

nice!(0) 

たつかま 白子の蒲鉾 地元隠れグルメ 3ヶ月限定販売 バター焼絶品 北海道・岩内  [旬な話題]

北海道は昨年から今年にかけての漁獲高の減少が大きな社会問題となっている。

鮭やサンマ、マイワシなど以前に比べ大幅な減少傾向とのこと。

そんな北海道・岩内町に隠れた地元グルメがあると、テレビ東京の番組「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」で紹介されました。

その名もたつかま

スケトウダラの白子をほぼ100%使用した蒲鉾のこと。

私事ながら、私は白子と名の付くものは全てについて大好物なのです。

その白子を使用した蒲鉾、しかもほぼ100%白子と聞けばテレビ画面に観い入ってしまうのも仕方のないこと。

白子は足が速い(鮮度が早く落ちる)ため、消費は地元周辺地域に限られ全国的に流通していないそうです(但し、直接、製造所に注文すれば可能な場合あり)。

しかも、12月~翌年2月の3ヶ月限定販売だから本当に貴重な一品なので地元隠れグルメといえます。

値段は3個入れで1000円以上するそうですが是非とも手に入れ食したい逸品だと思います。

さて、たつかまなのですが、丸く団子状の形で、食べ方としては味噌汁や天ぷらが美味しいといわれていますが、何といっても一番の食べ方はバター焼きが絶品とのことでした。

因みに、番組で紹介されたお店は北海道・岩内町にあるたつかまについてはとても有名な「尾崎商店」さんでした。

尾崎商店

住所 北海道岩内町字宮園251

電話番号 0135-62-0596

「たつかま」(尾崎商店)食べログのサイトはこちらです。
nice!(0) 

ワニ料理 マチカネミート 45万年前の大型ワニ化石発見 コッコドリッロ 大阪・豊中市 [旬な話題]

今、ワニ料理で町おこしをしている大阪・豊中市。

45万年前のワニの化石が昭和39年に同市待兼山町で発見されたことからマチカネワニと言われています。

もちろん、驚くべきは日本にワニがいたということなのですが、それ以上に、現在生息するワニに比べこのマチカネワニは何と推定ながら全長7m前後もある大型ワニであったとされていることです。

しかも、この化石、ほぼ完全な形で見つかったそうですから大発見といえるでしょう。

さて、この大発見をきっかけに、豊中市は「町おこし」としてマチカネワニの肉マチカネミートを使った料理を現在市内8店舗で提供しています。

鍋料理あり創作料理ありで楽しめそうです。

先日、テレビの情報番組のグルメコーナーで紹介されたなかで登場した鍋料理では、ワニの手そのまま唐揚げにした料理や12時間ほどじっくりと煮込んだワニの尻尾などがありました。

食レポでは、唐揚げは鶏肉のような食感、ワニの尻尾は全部がコラーゲンといったものでした。

又、8軒のうちの一軒は文字通りワニ料理専門店でした。

「コッコドリッロ」というお店で昨年12月にオープンしたばかり。

以前は別の飲食店であったのですが、周りの反対を押しのけワニ料理の専門店を開店したそうです。

ここでは、

ワニのタンにウニなどを乗せた「ウワニ」

ワニのレバーの赤ワイン煮(要予約)

ワニの気持ち(ワニの心臓のトマト煮)

などの料理が番組で紹介されていました。

いずれも美味しそうで、とてもワニ料理とは思われませんでした。

豊中市に行く機会があれば是非行って食したいと思いました。
nice!(0) 

コープこうべ 1ロール225mのトイレットペーパー 一般ホルダーに装着可能 発売開始  [旬な話題]

コープこうべが昨日の13日に1ロール225mのトイレットペーパーを発売したことをニュースで知りました。

一般的な1ロールの長さは約55m(シングルタイプ)といわれていますので、何と4倍の長さなのです。

その名も「めっちゃ長いトイレットペーパー」。

これほどの長尺であれば、さも分厚いかと思いきや、今、家庭で使用しているペーパーフルダーにぴったり装着できるというのですからビックリ。

その秘密は紙と紙の間がギュッと詰まっているからで、高密度で巻かれたトイレットペーパーが実現したのです。

コープこうべが日本生協連と共同開発し、静岡にあるメーカー丸富製紙と商品化したものであるが、そのきっかけとなったのは阪神淡路大震災のとき多くの組合員からトイレットペーパーの重要性を得たことからだそうです。

防災用品としてトイレットペーパーは不可欠なものでありますが、収容場所のうち、かなりの面積を占めてしまう欠点がありました。

ところが、このトイレットペーパーの開発により収容面積が4分の1にまでになったのです。

しかも、もう一つの利点として取替えの手間が省かれること。

一般家庭(夫婦・子供2人の4人家族)での1ヶ月のトイレットペーパーの使用量は平均16ロール。

でも、「めっちゃ長いトイレットペーパー」を使用すれば1ヶ月4ロールでOK。

値段は4ロール入りで462円(税込み)と一般のものに比べれば若干高めかと思いますが、薄くて強く上質な柔らかさのあるこのトイレットペーパーは注目される一品かと思います。

今年は161店舗で販売し、来年以降は全国の生協でも購入できるようになるとのこと。

家庭はもちろん、公共施設などでのトイレにも需要されるのではないでしょうか。

「めっちゃ長いトイレットペーパー」(コープこうべ)の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 
name=nice! を外すscript type=