So-net無料ブログ作成

人参物語 潮田農園 1本648円の高額ニンジンジュース 苦手の人も飲み易い [商品情報]

子供が嫌いな野菜といえば、人参やピーマン、セロリなどが代表格です。

そんな人参について、甘くて濃厚で飲み易く、まるでフルーツのようなジュースが販売されていることが昨日テレビ番組で紹介されていました。

そのジュースの名前は「人参物語」。

まるごと100%の人参ジュースなのです。

ところが驚くべきは価格で、何と1本648円と高額なこと。

茨城・筑西市にある潮田農園が10年以上試行錯誤し栽培した人参ですが、

本来の目的は、野菜嫌いな子供たちが食べられる美味しい人参を作ろうと思ったのがことの始まり。

今では、健康志向の人や病後の体調維持のために飲まれている人で年間2万本以上販売されているとのこと。

テレビ番組の解説によれば、人参ジュースのための人参を作るこだわりについて次のように説明されていました。

1.土作り

推肥を微生物の力で発酵させることで無農薬・無化学肥料で栽培、栄養分の多い土を3年かけて作り上げ、トラクターで何度も畑を耕して空気を多く含ませることで柔らかい土を作り上げた。

これにより人参がストレスなく育つようになったとのこと。

2.葉

全部、栄養が下にいった状態になるので葉っぱが枯れるのですが、これが一番良い状態とのこと。

一般的には、緑の葉があるうちに収穫するそうですが、ここでは通常より1ヶ月ほど長く育てるそうです。

3.熟成

℃1度の冷蔵庫で1ヶ月以上熟成させることでアクが抜け糖度が増しすっきりとした美味しさが味わえるとのこと。

これらのこだわりで作られた人参3~4本分でジュース1本分というから648円の価格納得というべきか。

さらに、もう一つ驚いたのは、

1本10万8000円という究極の人参ジュースがあることでした。

桐箱に入った極上人参ジュース「極み(ひとみ人参)720ml」。

今までに4本売れたそうで、その内1本は海外のセレブへの贈り物としてとある社長が購入したとのことでした。

驚きでした。

人参物語(潮田農園) の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 
name=nice! を外すscript type=