So-net無料ブログ作成
検索選択

「柚子トマト」 京漬物初代亀蔵 トマトの漬物 デザート感覚 年間5万個販売 京都・亀岡 [商品情報]

保津川下りやトロッコ列車の終着駅として有名な京都・亀岡。

この亀岡駅から約10分のところにある京漬物初代亀蔵(かめくら)が先日テレビのグルメ番組で紹介されました。

店内には定番の白菜のぬか漬けや赤かぶ漬けなど15種類ほどの漬物が並べられています。

そんな漬物の中で異色を放っているのが今回紹介された「柚子トマト」。

柚子の風味がきいた特に女性に人気の漬物で年間5万個の売り上げを誇る人気商品だそうです。

酸味が強く水分が少ない京都産トマトを使用。

このトマトを湯引きしたあと甘酢を加え一晩寝かせ味をしみ込ませます。

その後、香り付けに柚子を入れ、そこに酢・白ワイン・ゼラチン・砂糖などの調味液を合わせて「柚子トマト」を完成させます。

番組で食べてみた結果、「これは漬物ではなく、ほぼデザート感覚」との感想でした。

又、賞味期限も当初は8日だったところ改良し50日の保存が可能になったとか。

是非、一度、食してみたいと思いました。

住   所 京都府亀岡市稗田野町奥条門田4

電話番号 0771-21-8730

京漬物初代亀蔵の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

串天ぷら専門店「段々屋」 夏にピッタリ冷やし天丼 女優波瑠さん、フリーアナ羽鳥さんも  [店・施設・場所]

今年も8月27日~8月28日にかけて日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ愛は地球を救う」が放送されます。

この番宣(番組宣伝)で、同テレビの番組「火曜サプライズ」にチャリティーパーソナリティーの女優波瑠さんと総合司会のフリーアナウンサー羽鳥慎一さんがゲストで登場。

そこで、夏にピッタリのメニューをテーマに何軒か巡ったのですが、その一軒に驚くべき夏メニューがありました。

そのお店とは、東京・西新宿にある串天ぷら「段々屋」という串天ぷら専門店でした。

天ぷらといえば、江戸の昔には屋台で串に刺して食べていた庶民のファーストフードだったそうです。

そんな串天ぷら専門店が提供しているのが夏にピッタリの冷やし天丼950円(税込み)但し、ランチのみで数量限定だとか。

この冷やし天丼とは、炊いたご飯を氷に投入。そこに刻みミョウガを入れ氷水でしっかり締めひんやのご飯に、そのご飯を冷え冷えに冷えた丼に盛り付け、5種類の揚げたての天ぷら(エビ天やキス天、なす天など)を乗せ、仕上げに冷えた自家製の見た目にも涼しげな天つゆのジュレをたっぷりかけた夏ピッタリの丼となっています。

今年の猛暑を吹き飛ばすほどの冷やし天丼となっています。

食欲のない人でもこのメニューであれば夏バテ解消間違いなし。

是非、一度、お試しを。

住   所 東京都新宿区西新宿1-14-2

電話番号 03-6423-8889

串天ぷら「段々屋」の公式サイトはこちらです。

串天ぷら「段々屋」(食べログ)のサイトはこちらです。
nice!(0) 

奈良の変り種かき氷 じゃが芋や玉ねぎのイタリアンかき氷 氷室神社ではかき氷お供え   [旬な話題]

昨日、オリンピックや全国高校野球の決勝戦をテレビで観戦しているなかで、心を落ち着かすためグルメ番組にチャンネルを切り替えた。

すると、今、ブームともなったかき氷が紹介されていたのです。

かき氷は私達子供の頃と違い、現在では思い切り口に頬張っても頭に「キィーン」とすることなく若い女性を中心として人気急上昇とのこと。

そんなかき氷について、まず、番組では氷の聖地と言われている奈良にある氷室神社が登場しました。

氷室とは洞窟や小屋を利用した氷の貯蔵庫とのことで今で言う冷蔵庫のこと。

氷室神社は、奈良時代の元明天皇の勅命により春日大社の境内に氷室が作られ、春日大社の別宮として造営されたそうで、冷蔵庫の守り神として全国の氷屋さんらから信仰を集めているそうです。

この氷室神社では、かき氷をお供えできる神社として有名で、かき氷をお供えしたあとは御下がりとして食べられるとのこと。

みぞれ味といちご味の2種類があり献氷料300円~。

又、最近、奈良県全体でかき氷の食べ歩きができる名所にしたいということで37店舗が掲載された「奈良かき氷ガイド」なるものが作られています。

そのガイド冊子に掲載されている一軒がレストラン&カフェ「バンブーノ」というイタリアン料理店でした。

このお店で提供されるかき氷は2種類。

何と、シチリアレモンと玉ねぎのかき氷、じゃが芋ミルク氷という変り種のメニューなのです。

自家農園の有機野菜を煮込んで特別な製法で作る野菜ソース。

しっかりと野菜を味わえる逸品となっているとのこと。

イタリアンレストランで奈良の変り種かき氷をいただくのも洒落て良いのかもしれませんね。

「氷室神社」の公式サイトはこちらです。

レストラン&カフェ「バンブーノ」の公式サイトはこちらです。
nice!(0) 

口熊野食堂 進化系の新和歌山ラーメン 寿司職人が我流で研究 和歌山・上富田町  [店・施設・場所]

読売テレビの番組「かんさい情報ネットten」では毎週火曜日にグルメコーナーとことん満足!おでかけコンシェルジュが放送され、大阪市内を中心に人気店が紹介されますので楽しみに観ています。

今週、そのコーナーでは大阪市内を離れ、夏休みで賑わっています南紀白浜の周辺のお店を紹介してくれました。

MCはお笑いタレントで「誰が興味あんねん」のギャグで人気が出てきているヤナギブソンさん。

ゲスト2人と訪れた内の1軒がご当地ラーメンで有名な和歌山ラーメンのお店でした。

ところが、このお店、ただの和歌山ラーメンではなく進化系の新和歌山ラーメンだというのです。

ここの店主、本職は26年のベテラン寿司職人で寿司屋の店主。

10年ほど前、全国のご当地ラーメンブームの際、ラーメンの旨さに感動し独学で研究、9年前にラーメン店をオープンさせたのです。

元々、豚骨の臭いが苦手であった店主は、豚骨に鶏ガラをブレンドして豚骨の臭みをなくすことに成功。

モミジやガラを血抜きして香味野菜と一緒に約6時間、丁寧にアクをとりながら煮込むそうです。

そうして作られた特製鶏ガラスープを、一般的な和歌山ラーメンのスープである醤油ダレと豚骨スープに加えることで臭みがなくマイルドな一味も二味も違う新和歌山ラーメンが出来るのです。

寿司職人が我流で研究・開発したこのラーメン、一般的な和歌山ラーメンにない味に驚かされることでしょう。

南紀白浜にお越しの際は、少し足を伸ばして新しい和歌山ラーメンをご賞味されることをお勧めします。

住   所 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬748-3

電話番号 0739-47-6595

「口熊野食堂」の公式サイトはこちらです。

「口熊野食堂」(食べログ)のサイトはこちらです。
nice!(0) 

「白楽天 今治本店」 焼豚玉子飯 いきなり!黄金伝説 大人気B級グルメ 愛媛・今治  [店・施設・場所]

昨日、テレビ朝日の番組「いきなり!黄金伝説」で他県からなぜか集まる大人気ローカル食堂ベスト4というタイトルで愛媛県や高知県などの食堂が紹介されていました。

その中で第1位になったのが、愛媛・今治市にある「白楽天 今治本店」というチャイナダイニング(中華料理店)でした。

ベスト4として紹介された他の3店の人気メニューも魅力がありましたが、これは美味しそうと思わせたのはやはり「白楽天 今治本店」のB級グルメともいえる大人気メニューの焼豚玉子飯でした。

このお店、結構広い駐車場が店前にあるにもかかわらず駐車場に入りきれない車の行列が。

そんなお客さんのお目当てはもちろん焼豚玉子飯

多い日には700食以上注文があるそうです。

元々は、今の店主の先代店主(父)がこのお店をオープンするにあたり、まかない料理であった焼豚玉子飯をメニューに加えたところ人気爆発したとのこと。

では、焼豚玉子飯とはどのような料理なのか。

まずは、器にご飯を入れ、自家製チャーシューを一口サイズに切りご飯の上に敷きつけます。

そこに秘伝のタレをたっぷりとかけて最後に目玉焼きをのせ焼豚玉子飯の完成となります。

食べ方は自由ですが、目玉焼きの玉子とご飯と焼豚を全て混ぜ合わせ、卵かけご飯のように食べられるのがお勧めだそうです。

今は、焼豚玉子飯の秘伝のたれが販売されていて家庭でも味わえると喜ばれているようです。

美味しそうで思わず生唾を飲み込んだ焼豚玉子飯、是非、味わいたいと思いました。

住   所 愛媛県今治市常盤町4-1-19

電話番号 0898-23-7292

「白楽天 今治本店」の公式サイトはこちらです。

「白楽天 今治本店」(食べログ)のサイトはこちらです。
nice!(0) 
name=nice! を外すscript type=